DTM作曲講座の中のギターの打ち込みについて解説するページです。

打ち込み講座

打ち込みを行う際のポイントなどについて書いています。

目次(1)

ギター編の概要
ギターの種類 アコギ&クラシック
エレキギターについて
ギターの音域、各弦の音程
ギターのチューニング、特性
ギターのフレット数、変則チューニング
ギターのヴォイシング
ギターのヴォイシング2
コードストロークの打ち込み方
目次(2)
コードストロークの打ち込み方2
コードストロークの打ち込み3
ストロークの打ち込みノウハウ
ストロークの打ち込みノウハウ2
パワーコード(五度コード)の打ち込み
パワーコード(五度コード)の打ち込み2
ブリッジミュートの打ち込み
ブリッジミュートの打ち込み2
ブリッジミュートの打ち込みのコツ
DTM作曲講座 >> ギターの打ち込み講座 >> コードストロークの打ち込み方
◆イベント情報
作曲コンテストで力試しに、あるいは他の制作者の交流を
目的に参加してみてはいかがでしょうか。

コードストロークの打ち込み方

今回は「コードストロークの打ち込み方」についてです。

サンプルのmp3も用意していますので、音を聴きながら解説を読んでみてください。

まずは、いつものようにサンプルを聴いてみてください。

片方がギターの表現をさせたもの、もう片方がベタ打ちのものです。


http://hiandbye.nobody.jp/sample/stroke01.mp3
http://hiandbye.nobody.jp/sample/stroke02.mp3
(右クリックでファイルを保存してから聞いてください。
サーバーの関係で直接再生できません)

音楽機材を安く買うならサウンドハウス

●「2つのサンプルの違い」

聴いてもらえれば分かると思います。
もちろん01の方がギターの表現をさせたものです。


音色はまったく同じものを使っているのですが、打ち込みによって全然 雰囲気が違って聴こえてしまいます。

02はなんかエレピ(注1)みたいにも聴こえてしまいますね。

具体的には、タイミング(音符をずらす)と、ベロシティの変化で表現して います。

注1:エレピ・・・エレクトリックピアノのことです。
エレピと呼ばれる場合が多いです。

自分の音楽サイトで稼ぐ方法

●「コードストローク」

コードストロークは、アコースティックギターや、エレキギターなどでバッ キング(伴奏)をする上での基本的なテクニックです。

幅広い場面で用いられるので是非身につけておいてください。


まず、コードストロークを打ち込む上での難しいポイントは、


1.「ギター特有のヴォイシング」

2.「ストローク時の音のずれ」

3.「ベロシティ(音の強さ)の設定」


が挙げられます。このうち1のヴォイシングについてはすでに説明 しましたので、その他の項目について解説していきます。

リンク集

DTM・DAW作曲講座 | 作曲コンテストコミュニティ | 行列のできる音楽サイトのつくり方☆