DTM作曲講座の中のギターの打ち込みについて解説するページです。

打ち込み講座

打ち込みを行う際のポイントなどについて書いています。

目次(1)

ギター編の概要
ギターの種類 アコギ&クラシック
エレキギターについて
ギターの音域、各弦の音程
ギターのチューニング、特性
ギターのフレット数、変則チューニング
ギターのヴォイシング
ギターのヴォイシング2
コードストロークの打ち込み方
目次(2)
コードストロークの打ち込み方2
コードストロークの打ち込み3
ストロークの打ち込みノウハウ
ストロークの打ち込みノウハウ2
パワーコード(五度コード)の打ち込み
パワーコード(五度コード)の打ち込み2
ブリッジミュートの打ち込み
ブリッジミュートの打ち込み2
ブリッジミュートの打ち込みのコツ
DTM作曲講座 >> ギターの打ち込み講座 >> コードストロークの打ち込み方2
◆イベント情報
作曲コンテストで力試しに、あるいは他の制作者の交流を
目的に参加してみてはいかがでしょうか。

コードストロークの打ち込み方2

●「音のずれ??」

ギターのストロークでは、腕を振り下ろす(振り上げる)ようにして弦を弾きます。

○腕を振り下ろすように弦を弾くのを、ダウンストローク

○腕を振り上げるように弦を弾くのを、アップストローク

といいます。

ダウンストロークを例にとりますと、腕を振り下ろしながら1弦から6弦まで 全ての弦を弾くわけですが、この時ピックが実際に6弦に当たるときと、1弦 に当たるときでは、物理的な関係で時間差が生じます。

これが、ギター独特の「ジャラン」とか「ジャラララン」というような音を 生み出します。

音楽機材を安く買うならサウンドハウス

●「打ち込み方法」

考え方はシンプルです。
音を少しずつ「ずらす」だけです。

ダウンストロークの場合には、一番低い音から順に少しずつ発音を遅らせます。

逆に、アップストロークの場合は、一番高い音から順に少しずつ発音を遅らせます。

自分の音楽サイトで稼ぐ方法

●「どのくらいずらすのか?」

これは曲のテンポによっても変わってくるので、自分の耳で確かめながら試 行錯誤して欲しいと思います。

基本的には、テンポが遅い曲では少しずらす量を多くして、速い曲では少な くします。とは言いましても、この差は微妙なものです。

あまりやり過ぎても逆に不自然になってしまうので気をつけてください。

リンク集

DTM・DAW作曲講座 | 作曲コンテストコミュニティ | 行列のできる音楽サイトのつくり方☆