DTM作曲講座の中のギターの打ち込みについて解説するページです。

打ち込み講座

打ち込みを行う際のポイントなどについて書いています。

目次(1)

ギター編の概要
ギターの種類 アコギ&クラシック
エレキギターについて
ギターの音域、各弦の音程
ギターのチューニング、特性
ギターのフレット数、変則チューニング
ギターのヴォイシング
ギターのヴォイシング2
コードストロークの打ち込み方
目次(2)
コードストロークの打ち込み方2
コードストロークの打ち込み3
ストロークの打ち込みノウハウ
ストロークの打ち込みノウハウ2
パワーコード(五度コード)の打ち込み
パワーコード(五度コード)の打ち込み2
ブリッジミュートの打ち込み
ブリッジミュートの打ち込み2
ブリッジミュートの打ち込みのコツ
DTM作曲講座 >> ギターの打ち込み講座 >> パワーコード(五度コード)の打ち込み
◆イベント情報
作曲コンテストで力試しに、あるいは他の制作者の交流を
目的に参加してみてはいかがでしょうか。

パワーコード(五度コード)の打ち込み

●「パワーコード(五度コード)」


今回はエレキギターで用いられる「パワーコード」についてです。

これは技術的な奏法というより、実質的にはヴォイシング(和音の構成)にするものです。

非常によく用いられる奏法なのでよく理解して使えるようにしておくとよいと思います。


今回はハードロックちっくなデモを作ってみました。
エレキギターに注目して聞いてみてください。

http://hiandbye.nobody.jp/sample/power.mp3
(右クリックで保存してから聞いてください。サーバーの関係で直接再生できません。)

音楽機材を安く買うならサウンドハウス

●「サンプルについて」

さて、聴いていただけましたでしょうか。

ギターを前面に押し出したサンプルとなっていますが、このギターのコード ストロークでは全てパワーコードを使っています。

なんとなくこういう雰囲気のものだ、ということは感じていただけるかと思 います。その名の通りパワーと迫力を感じる音になりますよね。


ちなみにこのサンプルでは、片方のチャンネル(LかRか)に打ち込みのギタ ー、もう一方のチャンネルに実際にエレキギターの演奏を録音したものを使っ ています。

まぁ聴いていただければすぐに分かると思います(^^)
本物のギターに似せて打ち込んではいますが、やはり機械っぽさが感じられ ますし。

というか、そこじゃなくて、演奏しているギターが下手だからすぐ分かると いう声も聞こえてきそうですが(汗、、)

自分の音楽サイトで稼ぐ方法

●「パワーコード(五度コード)とは」

パワーコードは、「ルート音」と「五度の音」の二音から構成される和音の ことです。それゆえ、五度コードと呼ばれます。

パワーコードでは、メジャーコードかマイナーコードかを決定する「三度」 の音がありませんので、どちらの場面でも使うことができます。

要するに、CのパワーコードはCメジャーの場面でもCマイナーの場面でも 使うことができます。なかなか便利ですね。

リンク集

DTM・DAW作曲講座 | 作曲コンテストコミュニティ | 行列のできる音楽サイトのつくり方☆