DTM作曲講座の中のギターの打ち込みについて解説するページです。

打ち込み講座

打ち込みを行う際のポイントなどについて書いています。

目次(1)

ギター編の概要
ギターの種類 アコギ&クラシック
エレキギターについて
ギターの音域、各弦の音程
ギターのチューニング、特性
ギターのフレット数、変則チューニング
ギターのヴォイシング
ギターのヴォイシング2
コードストロークの打ち込み方
目次(2)
コードストロークの打ち込み方2
コードストロークの打ち込み3
ストロークの打ち込みノウハウ
ストロークの打ち込みノウハウ2
パワーコード(五度コード)の打ち込み
パワーコード(五度コード)の打ち込み2
ブリッジミュートの打ち込み
ブリッジミュートの打ち込み2
ブリッジミュートの打ち込みのコツ
DTM作曲講座 >> ギターの打ち込み講座 >> パワーコード(五度コード)の打ち込み2
◆イベント情報
作曲コンテストで力試しに、あるいは他の制作者の交流を
目的に参加してみてはいかがでしょうか。

パワーコード(五度コード)の打ち込み2

●「ルート、五度」


多少理論的な話になりますが、そう難しくもないですので簡単に解説しておきます。

以前にも解説しましたが、ルート音とは日本語でいうと「根音」のことで、それぞれの和音の中で一番大切な音です。

音楽機材を安く買うならサウンドハウス

例をあげると、Cであれば「ド」、Fであれば「ファ」という感じです。

そして「五度の音」というのはルート音から数えて五番目の音です。

先ほどの例の続きでいきますと、Cというコードでは「ド」がルート音ですので、

ド(一度)レ(二度)ミ(三度)ファ(四度)ソ(五度)と数えて、

五番目の音は「ソ」です。


コードネーム ルート音 五度音
C
F ファ
G

という感じです。

このルート音と五度音の関係は覚えておくとよいと思います。



参考画像:パワーコードの例

(クリックで拡大します)

自分の音楽サイトで稼ぐ方法


●「使われる場面」


代表的なのは、ハードロックやへビィメタルのギターですね。

これらのジャンルの定番として使われていますが、爽やかなロックやポップ でもよく使われます。

エレキギターを強く歪ませた音色(ディストーションなどを強くかけた場合) では音数が多い和音を演奏しても濁ってしまいます。

なので音数を減らしたい場合に効果的ですし、独特の迫力のあるサウンドが 出せるので好まれてよく使われます。

私も実際によく使います。

リンク集

DTM・DAW作曲講座 | 作曲コンテストコミュニティ | 行列のできる音楽サイトのつくり方☆