DTM作曲講座の中のギターの打ち込みについて解説するページです。

打ち込み講座

打ち込みを行う際のポイントなどについて書いています。

目次(1)

ギター編の概要
ギターの種類 アコギ&クラシック
エレキギターについて
ギターの音域、各弦の音程
ギターのチューニング、特性
ギターのフレット数、変則チューニング
ギターのヴォイシング
ギターのヴォイシング2
コードストロークの打ち込み方
目次(2)
コードストロークの打ち込み方2
コードストロークの打ち込み3
ストロークの打ち込みノウハウ
ストロークの打ち込みノウハウ2
パワーコード(五度コード)の打ち込み
パワーコード(五度コード)の打ち込み2
ブリッジミュートの打ち込み
ブリッジミュートの打ち込み2
ブリッジミュートの打ち込みのコツ
DTM作曲講座 >> ギターの打ち込み講座 >> ブリッジミュートの打ち込み
◆イベント情報
作曲コンテストで力試しに、あるいは他の制作者の交流を
目的に参加してみてはいかがでしょうか。

ブリッジミュートの打ち込み

●「ブリッジミュート」

今回はブリッジミュートの解説をします。


HR/HM中心にエレキギターでは大変よく使われる奏法で、よくパワーコードと組み合わされて使われます。

「ズンズン」というお馴染みのエレキギターの音は、ディストーション(音を歪ませるエフェクター)などで強く歪ませた音色でこの奏法で演奏した音です。

音楽機材を安く買うならサウンドハウス


今回も前回に引き続き同じサンプルを使って解説します。

http://hiandbye.nobody.jp/sample/power.mp3


3小節目と4小節目で、パワーコードのストロークの合間に「ズンズン」とい うような音でリズムを刻んでいる音が、ブリッジミュートです。

参考画像(クリックで拡大)




このように、パワーコードのストロークと組み合わせてよく使われます。

自分の音楽サイトで稼ぐ方法


●「ギターでの実際の演奏方法」


打ち込みをする分には知らなくても全く問題ないんですが、簡単に説明して おきましょう。

ギターを弾くときに、右手の側面(右利きの場合です)をブリッジ横の弦に 触れたままピッキング(弦を弾くこと)する奏法です。

弦に触れていますので、通常のように音は伸びず、アタックの強い音になります。

ディストーションなどで歪ませた音色ではとか「ズン」というような迫力の ある音になり、

逆にクリーンギターなどでは、「ポン」というようなパーカッシブな音が出 ます。

リンク集

DTM・DAW作曲講座 | 作曲コンテストコミュニティ | 行列のできる音楽サイトのつくり方☆