DTM作曲講座の中のギターの打ち込みについて解説するページです。

打ち込み講座

打ち込みを行う際のポイントなどについて書いています。

目次(1)

ギター編の概要
ギターの種類 アコギ&クラシック
エレキギターについて
ギターの音域、各弦の音程
ギターのチューニング、特性
ギターのフレット数、変則チューニング
ギターのヴォイシング
ギターのヴォイシング2
コードストロークの打ち込み方
目次(2)
コードストロークの打ち込み方2
コードストロークの打ち込み3
ストロークの打ち込みノウハウ
ストロークの打ち込みノウハウ2
パワーコード(五度コード)の打ち込み
パワーコード(五度コード)の打ち込み2
ブリッジミュートの打ち込み
ブリッジミュートの打ち込み2
ブリッジミュートの打ち込みのコツ
DTM作曲講座 >> ギターの打ち込み講座 >> ブリッジミュートの打ち込みのコツ
◆イベント情報
作曲コンテストで力試しに、あるいは他の制作者の交流を
目的に参加してみてはいかがでしょうか。

ブリッジミュートの打ち込みのコツ

●「打ち込みのコツ」


ここまでに書いたように、この奏法は基本的に音色で対応できるので、あとはごく普通に打ち込むだけです。

さきほどの画像では一つのチャンネルで普通のストロークと、ブリッジミュートを組み合わせているように見えますが、

実際の制作では2つのチャンネルに分けています。

一つのチャンネルで実現しようと思うと、音色の切り替えが大量に必要になり非常に面倒なことになります。


ですので、2つのチャンネルを使ってうまいこと使い分けます。


例:

1ch DistortionGt・・・パワーコードでの普通のストローク
2ch MutedDis.Gt・・・ブリッジミュートによる演奏


私がいつも実際に打ち込む場合には、この例でいうと1chにリアルタイム入 力で一旦全て打ち込んでしまいます。

こんな感じです。
http://dtm-creator.com/course/img/mute.jpg

その後に、ブリッジミュートさせるノート(音符)だけ切り取って、2chを 使用しているトラックに貼り付けます。

こうなります。
http://dtm-creator.com/course/img/mute2.jpg
(上段がch1で、下段がch2です)

音楽機材を安く買うならサウンドハウス


●「最後に」

打ち込みに関しても全然難しくない奏法なので、どんどん活用していただけ ればと思います。

今回のサンプルのような、パワーコードとブリッジミュートの組み合わせの バッキング(伴奏)パターンは非常にバリエーションがあります。

今回のはすごくスタンダードなものです。実際の楽曲でパターンをチェック してみたり、自分で考えてみるのも面白いと思います。

リンク集

DTM・DAW作曲講座 | 作曲コンテストコミュニティ | 行列のできる音楽サイトのつくり方☆